読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー経営のメリット・デメリット!

コインランドリー経営のメリットとデメリットについてまとめています。

コインランドリー経営で失敗しないためには

コインランドリーは無人で経営することができるため、魅力的だと感じる方が多いようです。

 

 

また、掃除や集金以外には手間がかからないため副業としてコインランドリーを始めようと検討される方が増えています。

 

 

 

しかし、いざコインランドリーを始めてみたものの数年足らずで失敗という体験談は少なくありません。

 

 

 

では、コインランドリーの経営で失敗しないためにはどのようなことに注意するといいのでしょうか。

 

 

 

まず、コインランドリーは基本的に無人で経営するため、お店のサービスが良いという基準で選ぶリピーターはおらず、そのお店のリピーターになってもらうためには条件が良い場所にあるということが重要なポイントになってきます。

 

 

 

そのため、立地の判断の見極めが甘いと、経営に失敗するというケースが多いようですから注意が必要です。

コインランドリー経営のデメリット②

引き続き、コインランドリー経営のデメリットについて紹介したいと思います。

 

 

いざコインランドリーの経営を始めたものの、その直後に近くにコインランドリーができたり、次々に競合店が現れると売り上げにダメージを与えるということもデメリットとしてあげられます。

 

 

当然、お客さんは最新の設備が整った新店舗を選びますし、
これまで順調だった打り上げが激減してしまい、最悪の場合倒産というケースもあります。

 

 

 

また、基本的にコインランドリーは無人で経営していくため、知らない間に機械を壊されてしまったり、洗濯物を盗まれた、両替機を壊されてしまうなどのトラブルが起こらないわけではありません。

 

 

 

トラブル対策のためにも、防犯カメラの設置なども必要になってきます。

コインランドリー経営のデメリット①

コインランドリー経営のメリットに続き、コインランドリー経営のデメリットについて紹介したいと思います。

 

 

 

まず、コインランドリー経営の最大のデメリットとして投資額が高額だということがあげられます。

 

 

 

もちろん、初期の投資額は店舗の規模やどのような機器を導入するのかなどによっても異なってきますが、小型と呼ばれるコインランドリーでも500万円もの費用が発生します。

 

 

 

さらに、家族などをターゲットとしたコインランドリーでは最低でも1000万円前後の初期費用が発生し、最新の設備を導入する場合はさらに金額は高くなります。

 

 

 

また、経営を始めるにあたり必要な費用は自己資金を始め、自己資金では足りない場合は金融機関からの融資を受けて投資されると思いますが、いざコインランドリーの経営を始めたものの、経営が軌道に乗らない場合はローンの返済が困難になってしまうこともあります…。

コインランドリー経営のメリット②

引き続き、コインランドリー経営のメリットについて紹介したいと思います。

 

 

コインランドリー経営の場合は、アパート経営やマンション経営などのように空率のリスクを伴わないため比較的リスクが少ないということもメリットだと思います。

 

 

 

さらに、前回の記事でも紹介しましたが、私たちが日常生活を送っていく中で洗濯という行為は欠かせないため、コインランドリーは景気などに左右されにくいということもメリットとしてあげられます。

 

 

 

また、コインランドリーは無人で経営することができるということもメリットではないでしょうか。

 

 

 

そのため、サラリーマンが副業としてコインランドリーを経営することもできますし、集金や掃除以外に手間や時間がかからないということもメリットとしてあげられます。

コインランドリー経営のメリット①

このブログではコインランドリー経営のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

まず、コインランドリー経営の最大のメリットとして人件費がかからないことがあげられます。

 

 

 

コインランドリーは無人なため、常に営業時間内に店員がいる必要はありませんし、掃除や集金なども全て自分で行えば人件費は一切かかりません。

 

 

 

そして、衣類や布団などの洗濯は私たちが生活を送っていく中で、必要不可欠なもので需要がありますし、梅雨の時期で洗濯物がなかなか乾かない時や洗濯物を干す手間を省きたい時などにと、コインランドリーは幅広く需要があります。

 

 

 

また、アパート経営やマンション経営を行う場合には、専門的な知識が求められますが、コインランドリー経営では機械や店舗管理のマニュアルさえ頭に入れておけば、その他にはこれといった知識がなくても始められるということも大きなメリットではないかと思います。関連ページ:駐車場経営|初期費用・税金・利回りを出すポイント